お散歩での発見 オタマジャクシ

9か月の息子を抱っこして散歩に出かけました。
近所の田んぼはほぼ田植えが終わり、苗が根付いてきています。

田んぼをのぞくとオタマジャクシやアメンボが水の中をすいすい泳いでいました。
息子はその様子をじっと見ています。

土の色と同化しているオタマジャクシが見えているのかわかりませんが、オタマジャクシやアメンボの動きを眼で追っているようです。
まだ、カエルの鳴き声は聞こえません。

「オタマジャクシはおおきくなったらかえるさんになるんだよ。
もうすぐゲロゲロゲロゲログワッグワッグワッってかえるの大合唱がはじまるんだよ」と話してあげたらニコニコの息子。

私自身、オタマジャクシやアメンボをみたのが久しぶり。息子のおかげでちょっとしたことが楽しいです。